神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

キーチVS 第9巻

キーチVS 9

・タイトル

キーチVS 第9巻

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ⭐⭐☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・感想
どうやら余計な心配だったみたいですね、めっちゃ食い気味やん(笑)
そして、みさとちゃんのキャラクター性がここに来て刺さりました。
これはいいウザさだ。

「俺は好きな人の為なら人でも拐える」

これ言えるの凄いね、格好いいと思う。
革命って危うさとスレスレラインでせめぎ合うものだよね、いいと思う。

社長の孫のヒロくん、マジで頭いい子だ。
この子がいれば安心かも。とさえ思えます。
誰かのせいにするのも見て見ぬふりも簡単だけど、結局は自分がどうしたいか…ですよね、分かる。

カリスマとしての引退…キーチは世間が変わらないことを悟り、「好きにしろ、俺もそうする」と世間に公表。

大人より子供のほうが行動力があり、未来もある。
先祖の代から大切なものを受け継ぎ、後世に伝えるのが大人。
そういう意味ではこの国は子供しかいない。
安全より金儲けを優先した結果がこの有り様。
この言葉の全てが現代日本にも突き刺さりますし、わりとタイムリー。

そして、宣言通りのこの罪を被る国家テロ予告だ……これ、実際に起こったらどれだけの人が付いてこれるかな?


キーチVS 9

キーチVS 9