神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

テニスの王子様 第33巻

テニスの王子様 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

・タイトル

テニスの王子様 第33巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度🌟☆☆☆☆

・本の概要
手塚国光九州編
・それを極めし者
・アクシデント
氷帝の黄金ペア
・ダブルスの頂上対決‼
・克服
・ダブルスの無限の可能性

・感想
イップス……ふむ、手塚にも当てはまるということか。
恐怖とトラウマね、まあ…そこはやはり中学生なのか。

本調子じゃない手塚に勝って喜ぶとか獅子学中は所詮その程度の器か。

「礼を言うぞお前ら」の畏怖感凄い。

まあ、ぶっちゃけ樺地に勝てる同年代っていないよね、ただコピーとオリジナルで性能は同じでも、経験値の差は違う。
なるほど、なかなか面白い戦いですよね、まさにパワーVSテクニック。

うーん、氷帝のゴールデンペアの誘導陣形も良かったんだけど、大石はさすがって感じしますね、一筋縄ではいかない。
というか登録メンバーの再登録って有りなの?試合毎に提出する系?

瞬間移動と書いてダッシュと読む。
さすが宍戸さん!

一球入魂!サーブに全てをかける鳳くんの代名詞ですよね!
ゲームだとスマッシュの必殺技もあったはずなんですが、原作だと、「(長身の)鳳がいるからロブは上げられない」ぐらいの扱いに留まってますね。