神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

特攻の島 第2巻

特攻の島2

・タイトル

特攻の島 第2巻

・点数 100点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ🌟🌟🌟🌟🌟
テンポ☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・行く者、残る者
・別離の海
・命、散る
・戦果、そして…
・命令
・訳言えぬ帰郷
・失った意味
・戦場の海へ

・感想
回天出撃シーンは緊迫感ある…そして文字通り一瞬の決着。
結果論を淡々と書かれると何だか虚しくなりますね…

誰が結果を出したかも定かではなく、戦果が公表されることもない。
これを虚しいと言わずして何を言うのだろう?

もしも上司を信じれなくなれば…その時こそ軍人は地獄なんだろう。
死の意味を通り越して生まれた意味を考え出すのは精神的にキツいよなぁ~


特攻の島2

特攻の島2

関連商品

検索で引っ掛かったおまけ

海猿 完全版 2

海猿 完全版 2

新ブラックジャックによろしく1

新ブラックジャックによろしく1