神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

(実写)ザ・ファブル

ザ・ファブル

・タイトル

ザ・ファブル

・点数 84点

ストーリー☆
演出☆☆☆
視覚的面白さ🌟🌟🌟☆☆
聴覚的面白さ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
原作を読んだ時に、V6の岡田さんははまり役だ!と確信した作品だったのでめちゃくちゃ楽しみにしてた実写映画でした!
が、やや期待外れでした。

実写化の弊害とも言える尺の都合の埋め合わせが上手くハマってないストーリー構成なのかなー?と。
ある程度原作知ってたらこっちで補完出来ますが、完全初見だといくつか分かりにくいところがありました。
大体が唐突なのでちょっと構成が分かりづらい。

そんな訳で、期待してたということもあり、少しだれながら見てました。
福士くんと向井くんの無駄遣いだなぁ~と思いながら……

そんな中、目を惹かれたのが藤森さんです。
嘘です。いや、気にはなったけど、溶け込みすぎて最終的な感情は無です。

だれてた中で本当に心奪われたのは作品の売りでもあったアクションシーンですね!
ワイヤー込みの体術的アクションはもちろん、銃撃アクションも痺れました。
福士くん格好いい!!って叫びそうになりましたね、はい。

録画してるDIVER早く見たいなぁ~←完全に余談

正直、福士くんのイカれ演技大好きなのでそれ込みでここはブーストかけて評価しました。これぞまさに主観による採点。

聴覚的面白さもブーストなし時の最高得点付けましたが、これは木村了くんのはっちゃけお芝居が最高だったので僕はこういう評価付けました。
常時ハイテンションでなんか叫んでるキャラにハマるのってそんなにないんですけど、これが好きな役者効果なのでしょう。

ほぼほぼあのコンビによって上がった点数というのがいかにも僕らしい採点だと自分では思います。

狂気×熱演と言えば、柳楽優弥さんもよかったですね、よっ!実写請負人!って言いたくなりました。

渋かったのは安田顕さん。
個人的に原作で好きなキャラを好演してくれました。
素敵でした!

願わくば向井理さんをもう少し活躍させてほしかったですが……こればっかりはしょうがないですね、綾野剛さんがやりそうな風貌の向井理さんは貴重かもしれません。

総括すると、シリアスさをギャグで誤魔化して面白おかしく描く原作序盤の雰囲気はあえて捨て去り、アクションに総ての力を注いだ作品って印象です。
福士くんのPRには使えそうですね!


ザ・ファブル [Blu-ray]

ザ・ファブル [Blu-ray]

  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: Blu-ray
ザ・ファブル [DVD]

ザ・ファブル [DVD]

  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: DVD


おまけ

SP THE MOTION PICTURE 革命篇

SP THE MOTION PICTURE 革命篇

  • メディア: Prime Video
教科書にないッ! 1

教科書にないッ! 1

  • 発売日: 2016/08/01
  • メディア: Prime Video