神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

(映画)友罪

友罪

・タイトル

友罪

・点数 92点

ストーリー☆☆
演出🌟☆☆☆☆
視覚的面白さ☆☆☆
聴覚的面白さ☆☆☆☆☆
熱中度🌟🌟☆☆☆

・感想
友人がもし少年Aなら貴方はどうする?
という重苦しいテーマが題材の作品です。

前半部分はおじさんの謝罪や家族の崩壊、職場でのイジメ等、重くて見てるのが辛くなるというか映画としては面白くないです。

ただ、瑛太さんがひたすら巧い。異質な存在感を放っていました。

脇を固める名優達も素晴らしい。
前半の中で大事なポイントは被害者遺族として光石研さんと村上淳さんが演じてらした二人の、加害者の父親が被害者遺族に何年も謝り続けるのは、
「自己満足でしかない」、「頭を下げるのに慣れているだけ」
この2点はとても深いテーマですよね。

映画として面白くなるのは物語の中盤辺りから。
分かりやすく言えば、斗真くん演じる益田の指切断事故以降です。

彼の冷静な判断で自分は助かった。
友好を深めた相手がまさかのかつて世間を騒がした少年Aなんて…
それを知った時、大切な友人や恋人が過去にそういう事件を起こしていたと知ったとき、自分は果たしてどうするのか?
それを考えながら見るのもこの映画の見方の1つだと思っています。

社会が知りたがってるから無断で写真と憶測の記事を世に出す…過去の犯罪者の人権は無視されていいのか?
それは本当に正義なのか?
これも1つの重くて大きなテーマですよね。

世間が知りたいってのも出版社の判断でしかないのにそこまでしていいのか?ってところに元ジャーナリストを主人公に片割れにした意味を感じました。

主人公の片割れがジャーナリストに携わっていた者というのを活かし、もしも自分がジャーナリストで、大切な人が少年Aだとしたら、他人に好き勝手記事を書かれる前に自分の手で書くべきだ!と思うのか……
そういう見方が出来るのも作品としての1つの魅力だと思います。

この感情移入を超えるシンクロさせシリーズで言えば、この作品は息子、甥が轢き逃げを起こしてしまった家族、いじめられっ子の友達を自身の保身の為に見捨てた為に起こったであろう悲劇…など、少年A事件だけではない事件もあるので、身近な人がもしもそうなら、そうなったら…を考える意味ではとてもいい作品だったと思います。

最後に、中盤以降の生田斗真さんのお芝居よかったです。
途中から完全に画面に惹き付けられました。

内容的に大手を振ってオススメ出来る作品ではないのですが、いろいろ考えさせられる部分は多かったので、見て損はない作品だと思ってます。


友罪 [DVD]

友罪 [DVD]

  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: DVD

友罪 (集英社文庫)

友罪 (集英社文庫)

  • 作者:薬丸 岳
  • 発売日: 2015/11/20
  • メディア: 文庫

友罪 豪華版 [Blu-ray]

友罪 豪華版 [Blu-ray]

  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: Blu-ray

おまけ

愚行録

愚行録

  • 発売日: 2017/08/01
  • メディア: Prime Video
初恋

初恋

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
何者

何者

  • 発売日: 2017/05/10
  • メディア: Prime Video
第2話

第2話

  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: Prime Video
きみはいい子

きみはいい子

  • 発売日: 2016/01/13
  • メディア: Prime Video
人魚の眠る家

人魚の眠る家

  • メディア: Prime Video