神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

神の雫 第20巻

神の雫(20) (モーニングコミックス)

・タイトル

神の雫 第20巻

・点数 76点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・飛ぶ鳥の大和の山に陽は落ちて
・歌追い人阿騎野の月はつれなく
・宙の下、飛鳥の地平は赤々と燃え
・小さき弥勒は憂いを帯びて
・誰がために涙は流され
・仄かに照らす蒼月は遠く輝く
・虚空に浮かぶ光は、揺らめく漁火の如く
・謎めく頬に、その手を差し伸べて
・去る者は、深遠なる微笑みを残し
・愛すべき、我らが開拓者の首を賭け
・若き策士に、彼の手強き影を重ね

・感想
目立つ大きな物の横にある小さな物に気付ける大人でありたい。
ふとそう思いました。

男は敗北を認め、それを経てしか成長出来ない生き物っての分かる気がする。

イッセーママは母親として残るのか、女として残るのか…みたいな?

会社の人事異動で上司が変わるのはあるある?

第一印象的には結構好きですけどね、新部長候補。


関連商品