神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

金色のガッシュ 完全版 第6巻

金色のガッシュ!! 完全版(6)

・タイトル

金色のガッシュ 完全版 第6巻

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・一途な思い
・最悪な相性
・怒りの形相
・悪しき力
・再試合
・千年前の戦士
・感情なき敵
・自業自得
・光
・ロードの正体
・手紙
・泣き虫
・キャンチョメの力
・力の電池
・戦い方の選択
・最大×最大
・約束
・″V″の襲来
・光る球
・共同作戦!
ガッシュカフェ⑥

・感想
第1回キャラクター人気投票がある。これはポイントですね!

そして、パティの初登場。
メルヘンというか乙女っぽい第一印象でしたね。

金山がなんやかんやで馴染んでてよかったよ!あとドンマイ!

パティのキレ芸。
一方的な想いと一方的な思い込みでキレられても……とは思います。

技かぶり感は否めないけど、水龍と雷龍のぶつかり合いは正直テンション上がりました。

千年前の魔物の封印解かれるシーンはやっぱ痺れますね!

パティ・リターンはホラー。
現れ方が完全に(笑)

ビョンコが影の功労者過ぎて泣ける…

戦いたくない者の心を操って無理矢理戦わせるってのはガッシュと清麿の逆鱗に触れるワードですよね、まさに禁句。

心強くて可愛い仲間がやってきた!
絶対絶命で現れるの男前だし、何よりパティの前で仲の良さアピールしてるところがいい。

ロードの正体がついに明かされ、仮面を外し、パートナーも明らかに!
そして、シェリーとの因縁も……

手がかりを見つけて三日三晩不眠不休で調べる清麿。
そんな中、2日ぶりに帰って来たウマゴンは本を持っていなかった!
つまり?

キャンチョメとフォルゴレの戦い方はほんと見てて面白いなぁ~
清麿がアドバイザーだから尚更。

千年前の魔物達の感情については清麿達も想定外だったらしい。

ガッシュと清麿、まさかの舐めプ。
これにはティオもビックリだ!

最大の呪文同士のぶつかり合いはやっぱりテンション上がるぜ!

千年の時を越えた友情を見せてくれただけでもロードの存在価値はあったと思う。
それぐらいこの一連の流れよかった。

レイラ可愛い。
そして、バカだが強いビクトリームが登場!
実はあんまり好きではない(笑)

(天然で)ギャグを織り混ぜつつ戦うビクトリームとキャンチョメの戦い方は画的に相性良くて面白いと思いました。

チームでの頭脳戦は仲間への信頼がモノを言う……その時点で勝敗は決まってたのかも。

そして一難去ってまた一難?
数で勝る千年前の魔物達に挑むのはやはり無謀なのか…?
次巻への繋ぎ方上手いですね!

ガッシュカフェはレイラとビクトリーム
本編ではまだ顔出し程度のレイラをここで使うのなかなかチャレンジャーだ。


コミック

金色のガッシュ!! 完全版(6)

金色のガッシュ!! 完全版(6)

  • 作者:雷句 誠
  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: コミック
電子書籍
金色のガッシュ!! 完全版(6)

金色のガッシュ!! 完全版(6)

関連商品

金色のガッシュ!!(6) (講談社漫画文庫)

金色のガッシュ!!(6) (講談社漫画文庫)

  • 作者:雷句 誠
  • 発売日: 2011/08/06
  • メディア: 文庫