神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

天元突破グレンラガン 男道シリーズ

[まとめ買い] 天元突破グレンラガン~男どアホウ!編~


・タイトル

天元突破グレンラガン 男道シリーズ

・著者情報

ののや まさき

誕生日 5月11日
職業 漫画家
代表作
グレンラガン 男シリーズ
テラフォーマー外伝 鬼塚慶次

・本の概要
天元突破グレンラガン』のドラマCDの『男シリーズ』を完全コミカライズ!
カミナが、ヨーコが、シモンが、ニアが舞台を現代日本に変え、大暴れ‼笑いあり、涙あり、学園生活あり、メカバトルあり、のエンタメ集大成作品。

・点数 96点

ストーリー☆☆☆
画力🌟🌟☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度🌟🌟☆☆☆

・感想
本編とは違う時間軸…いや、宇宙軸の全く異なるグレンラガン!コミカライズ作品です。
ifルートではなく、「異なるグレンラガン」です。ここ大事。

とはいえ、元のドラマCDはアニメの購入特典ということもあり、原作勢による公式スピンオフなのでクオリティに関してはさすがです、これも間違いなくグレンラガンだと思います。

原作との最大の違いはカミナが主人公であること、世界観に合わせてキャラクター設定をアジャストさせたものになっています。
学園×グレンラガンというかカミナ×番長が似合いすぎる(笑)

原作には出ないカミナやシモンのお父さん達の活躍は原作好きな人に見てもらいたいです、むしろ必見?必読せよ!ってギアスをかけたい←別作品な上に他社やめろ(゜゜;)\(--;)

後は全体を通してヴィラルの扱いが雑にしてまさかの箸休めの癒し枠という(笑)
アイツ、あんなに可愛かったっけ?(笑)

作品を通した最大の見所は先生の圧倒的画力。
生身のアクションシーンにしてもロボットバトルにしても圧巻の迫力でした!
そしてニアが可愛い。

以下、3つに分かれたそれぞれの作品の見所を少しずつ書きますが、若干のネタバレが含まれますのでご注意下さいm(__)m



天元突破グレンラガン 男一匹編 (ヒーローズコミックス)
[男一匹編]
ここは比較的学園寄り。
学生番長のカミナと永遠のライバル?キタン、幼馴染みのヨーコとのシーンから始まり、シモンとの運命の出会い等、てんこ盛りですね!
1度拳を交えればダチ。ダチを助けるのに理由はいらない。
この格言が出ます。ここのカミナめちゃくちゃ格好いいです。
勿論、初めての合体や、エンキとのバトルもいいんですが、カミナの良さが前面に出てるイメージありますね、男一匹編。



[まとめ買い] 天元突破グレンラガン~男どアホウ!編~
[男どアホウ!編]
まさかの野球回⁉not野球回❓
グレンラガンらしいことだけは言えよう!(笑)
グレンを駆るカミナがラガンをボールのように投げるところからの着想ですよね、分かります(笑)

そして、いよいよ螺旋王と仲の悪い四天王が登場!
カミナとシモンの友情と絆がグングン上がります。
これがまさかの伏線に……

あとは箸休めの温泉回があります。
箸休めとロボットバトル両方込みのヴィラル&ロシウの活躍も見所です!




[まとめ買い] 天元突破グレンラガン 決戦!男組編
[決戦!男組編]
カミナの過去を振り返るとカミナの核になった名前も知らない少年の存在があった。

そんな中、悪魔の作戦によりカミナが裏切り者に仕立てあげられる。

カミナと螺旋王の因縁とクロニアの登場で物語は加速。
シモンは闇堕ちしてしまう…

これまで切り札として共に戦い、チームのシンボルでもあるダイグレンはシモンの手により破壊されてしまう。

そんな絶対絶命のピンチの中、カミナの前にあんスパが現れる。
彼の手で肉体的にも精神的にも追い詰められたカミナは過去と現在、2つのピースを繋げて真実を知る。
そして失った絆を取り戻そうと決意を固める。

紆余曲折を乗り越え、絆をより強固にした大グレン団。
そんな中、四天王とロージェノムも本気を出してきた。
合体はグレンラガンの専売特許じゃない⁉
グレンラガンの真の力は合体ではなく分離⁉
ギガドリルの要領で4機のグレンラガンに⁉

ハチャメチャな大グレン団に対して圧倒的な個の力で全てを制圧するロージェノム。
そして究極合体、アークグレンが爆誕する‼



お気付きでしょうか?
カミナもキタンも生存します。
カミナがアークグレンラガンに乗ります。
カミナが世界を救います。

これが公式スピンオフ、グレンラガン 男道シリーズなのです。


コミック

電子書籍



こちらもオススメ

涙の種、笑顔の花(グレンラガン盤)

涙の種、笑顔の花(グレンラガン盤)

  • アーティスト:中川翔子
  • 発売日: 2009/04/29
  • メディア: CD