神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ぼくは麻理のなか 第9巻

ぼくは麻理のなか(9) (アクションコミックス)

・タイトル

ぼくは麻理のなか 第9巻

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ🌟☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度🌟☆☆☆☆

・本の概要
・「これからどうするの…?」
・変わる季節
・動き出す
・ぼくの記憶
・小森の日記
・小森功
・行こう
・一緒にいるよ
・ぼくは麻理のなか
・あとがき

・感想
依さんは依さんで罪悪感に苛まれながらの魂の叫びなんだろうからここは責められないかな、個人的に。
ただ麻理さんの家で言うことではないかなー?

麻理さんが見て「ぼく」には覚えのない小森の日記。
しかし、それは実在した。

自分の実家ですら扱いが悪い小森くんはちょっと可哀想。

麻理ちゃん……いや、ふみこの複雑な深層心理をあえて歪ませて描く演出凄いなぁ~

最後よかったですね、「一緒に」「見守ってる」って言ってたけど、ほんとにそうなんだろうなぁ~って。
ちゃんと「麻理」になってる。
タイトル回収もお見事。

あと、寄稿の押切さんおもしろい(笑)


コミック

ぼくは麻理のなか(9) (アクションコミックス)

ぼくは麻理のなか(9) (アクションコミックス)

  • 作者:押見 修造
  • 発売日: 2016/09/28
  • メディア: コミック
電子書籍

検索で引っ掛かったおまけ

血の轍(9) (ビッグコミックス)

血の轍(9) (ビッグコミックス)