神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

ぼくは麻理のなか 第7巻

ぼくは麻理のなか : 7 (アクションコミックス)

・タイトル

ぼくは麻理のなか 第7巻

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ🌟☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・押し込めていたモノ
・人が人に恋をする瞬間
・夕焼け空
・予感
・観覧車
・「かわいいっ」
・「…あなた…誰?」
・「僕が消える」
・現実と向き合う

・感想
君は誰?この時点でそれが分かるのって作者以外に存在するのかな?

小森って呼びつつ普通にデート楽しんでるように見えるけど君が好きなのはどっちなんだい?っていう素朴な疑問。

なるほど、そういうことか、可哀想なふみこ……僕の陳腐な予想はやはり違ってましたか、なかなかに重いな、このテーマ性。

小森くん、麻理ちゃん、依さんのそれぞれに何かしらの変化があった回でした。


検索で引っ掛かったおまけ