神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

大東京トイボックス 第2巻

大東京トイボックス【デジタルリマスター版】(2) (スタジオG3)

・タイトル

大東京トイボックス 第2巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ🌟☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度🌟🌟☆☆☆

・本の概要
・絶対高度
・景色の条件
・共犯者たち
・雨のち晴れのち
Bダッシュナイト
・オレたちの夜明け前

・感想
他人と自分を比べない。
そう発言する人を羨ましく感じたらそれは既に自分と他人を比べている……なるほど、深い。

レーティングって推奨年齢ってだけで買ってよかったんですね!
子供が買ったら補導されると思ってました。

DS!いいですよね、DS!好きですよ、DS!(まあ、下画面操作は苦手なんですけどね!!)

昔のゲームはシンプルで奥深い、現行機はハードの性能に振り回されている……うん、これまた一理ある。

そこまでの機能がゲーム機に必要なのか?とされた当時の次世代機がPS3Wii、360。
PS3に関しては初期型で言えばPS、PS2PS3が出来、オンラインが繋げ、音楽も聴け、DVD・Blu-rayも見れるっていう何でも屋みたいな感じでしたもんね、あれは凄い。

仙水さんどんだけ太陽さん好きなんだ(笑)
それはそれとして、ゲームの共同出資ってこんな感じなんですね、なるほどー

あー、なるほどね、新しいゲームシステムと馴染みあるゲームシステムのどちらのほうがユーザーが求めてるか問題……うーん、これは難しい。

まあ、売れるゲームと面白いゲームは違うし、長く続けられるゲームと飽きやすいゲームは違うからね、何が言いたいかって?花組?の女社長ムカつくって話です。

萌え×燃えをくさかんむり×ひへんと読むと音でも理解しやすくなるね!すごい!
東方プロジェクト?もこんな感じで出来たのかな?やったことないのでどんなものなのか知らないですが……すみません。
萌え絵のシューティングゲームの先駆けが東方みたいなイメージだったので。

僕個人の趣味として、シューティングはあんまりやらないので……苦手なんですよね、本当に。