神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

BTOOOM! 第1巻

BTOOOM! 1巻 (バンチコミックス)

・タイトル

BTOOOM 第1巻

・著者情報
井上淳哉(いのうえ じゅんや)
生年月日 1971年10月18日
出身地 高知県中村市(現:四万十市)
職業 ゲームクリエイターイラストレーター・漫画家

1992年に東亜プランに入社。
東亜プラン倒産後は、ガゼルを経てケイブに入社。弾幕系シューティングの発展に大きく寄与する。
2001年にケイブを退社し、本格的に漫画家として活動を始めた。

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・START
・境界線
・リアル
・深く重く
・罠…
・サバイバル

・感想
一時流行った知らない間に突然拉致られ、知らない無人島に連れていかれる系のバトルロワイヤル系のサバイバル作品ですね、昔ちょっとだけアニメ見ました。ちょっとだけ。

作中での大人気ゲームのBTOOOM!を現実でやるって話なんですけど、BTOOOM!のパッケージと広告の作り込みが細かい。
DX BOX720、Xbox360ですね、分かります(笑)

ゲームの世界じゃ崇められるほどの天才らしいけど、ちょっと頭弱いね、ボタン押したときにカウントダウンが始まる…これで察しない?22歳なんでしょ?ゲーマーでしょ?察し悪いなぁ~
でもパニクったら誰でも冷静な判断出来ないから仕方ないか。

爆発した時のBTOOOM!ってなるの絶妙にダサいけど、ゲームっぽくていいね!
倒した相手の武器使えるのはこの手の作品で生き残る為の最重要事項だと思ってます。

爆弾の説明はありがてぇ。

相手を倒す以外の方法で島を脱出する方法って言う奴もこの手の作品に絶対出てくるなぁ~


電子書籍

BTOOOM! 1巻 (バンチコミックス)

BTOOOM! 1巻 (バンチコミックス)

コミックセット