神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。このページ内(下記にて)、INDEXと検索すれば過去に感想を書いた作品の一覧もあります。

罪と罰 A Falsified Romance 第10巻

罪と罰 : 10 (アクションコミックス)

・タイトル

罪と罰 A Falsified Romance 第10巻

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
止揚
・chica
・餞と雨
・オフィーリアとオルフェウス
・旅立ち
・母と子
・友情と願い
・光の道
・誰何と宣明
・手品とそれから
・再生
・あとがき

・感想
弥勒の決断は強さなのか弱さなのか。
弱さを受け入れることもまた強さなのだと僕は思います。

エチカのすぐ殴る癖がもはやギャグに見えてきた(笑)

薄々分かってたけど、首藤さん切ない。
そういえばオルフェウスって悲しい運命なんだっけ?詳しくはないから間違ってるかもだけど。

意を決した直後の花火はめっちゃ切ない……

うん、実に自然な告白だ。素晴らしい。

寄生虫感染症は通ずるところがある……そう感じました。


関連商品

検索で引っ掛かったおまけ