神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

ハイキュー 第1巻

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

・ハイキュー 第1巻

・著者情報
古舘春一(ふるだて はるいち)
生年月日 1983年3月7日
出身地 岩手県軽米町
職業 漫画家
ジャンル 少年漫画
代表作
ハイキュー!!
受賞歴
第14回トレジャー新人漫画賞佳作『王様キッド』
第61回小学館漫画賞ハイキュー!!

高校を卒業するまでは岩手県に住み、中学、高校時代にはミドルブロッカーとしてバレーボール部に所属。
高校卒業後は仙台デザイン専門学校に入進学し、以後8~9年間は宮城県に住んでいた。

週刊少年ジャンプ編集部に漫画を持ち込んだのは、初持込みとしては「かなり遅く」25歳の頃。
『アソビバ。』でデビュー。
『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』で連載デビュー。
JUMPトレジャー新人漫画賞出身の漫画家の中では初の連載獲得者。

趣味・特技は「食べたり飲んだり、飲んだり食べたり」。
好きな漫画として『ONE PIECE』・『鉄コン筋クリート』を挙げている。
好きなバレーボール選手は青山繁米山裕太

中学・高校時代はバレーボールに熱中していたが、良い成績を残せず未練が残っていた。
そのため、漫画家を目指すと同時にバレーボール漫画を描くことを目標としていた。

岩手県出身だが、地元の町は電車が通っておらず、町の外に出る事もあまり無かった。
そのため、『ハイキュー!!』を連載するときに岩手をあまり知らないことに気づき、高校卒業後8~9年過ごした宮城県を同作の主な舞台とした。
ただし、烏野高校とその周辺は故郷である岩手県をイメージして描いている。

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・終わりと始まり
・烏野高校排球部
単細胞生物
・最強の味方
・コート上の王様
・中学のハナシ
・持たざる者のことば

・感想
部員1人のところから3年かけて大会に出場出来るメンバーを揃えた(ほぼバレー初心者集団)日向翔陽。
記念受験みたいなこれが日向の運命を変えることになるから世の中分からないもんだ。

中学3年間の集大成がわずか31分なのは悲しいけど、それでいてあのインパクトは凄いですよね、カリスマ性高いですね、日向翔陽。

龍の威嚇顔わりと好きなんですよねw

日向くんの運動神経えげつないけど、成長速度も結構スゴいですよね、元が素人だから余計感じました。

ツッキーはほんといい性格してるよね(笑)
第一印象あんま良くないんですよね~彼は。

日向の「おれにトス持って来い」誕生の瞬間。
歪み合ってた2人が認め合うのも含めて名シーン。


コミック

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者:古舘 春一
  • 発売日: 2012/06/04
  • メディア: コミック
電子書籍

コミックセット

ハイキュー!! コミック 1-42巻セット

ハイキュー!! コミック 1-42巻セット

  • 作者:古舘春一
  • 発売日: 2020/03/03
  • メディア: コミック