神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

神様はじめました 第10巻

神様はじめました 10 (花とゆめコミックス)

・タイトル

神様はじめました 第10巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 68点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆
熱中度☆☆☆

・本の概要
・記憶
・黄泉の国
・夜市
・除夜の鐘

・感想
巴衛の過去を奈々生が見たことはあったけど、今度はその逆。
奈々生の過去を巴衛と瑞希が見る番。

記憶の世界で奈々生さんの過去を見ることでどうしてそういう性格になったのかが分かります。
だからといって評価が変わるとかはないですが。

巴衛の変化が目に見えて分かりやすいですね、個人的には前のが好きでしたが。

黄泉の国再び?
まあ、霧仁が自分の肉体を探しに行ってるだけですが。
夜鳥って何者なんだろう?気になります。

あー……やっぱり奈々生さんウザい。
勝手に付いてきてギャーギャーうるさいとかあり得ない。

晦日の過ごし方は神様も天狗も人間もそう大きく変わらないかも?