神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

ソウルイーター 第1巻

ソウルイーター (1)


・タイトル

ソウルイーター 第1巻

・著者情報

大久保篤(おおくぼ あつし)
生年月日 1979年9月20日

職業 漫画家
活動期間 2001年~
代表作
ソウルイーター

受賞歴
2001年 第3回エニックス21世紀マンガ大賞


基本的にファンタジー漫画を手がける。

大久保の作品の世界は、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『コープス・ブライド』の世界を髣髴させるようなモチーフを使いながら、どこかポップに仕上がっている。

また、洋楽をモチーフにしたキャラクター名やパロディを使う。
台詞回しや口癖も特定の単語を何度も反復させたり、キャラクターの技や性格に共通点があったりと、特定のモチーフを繰り返し使う傾向が強く見られる。

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・ソウル=イーター
・ブラック☆スター
・デス・ザ・キッド
・補習授業

・感想
人間だけど悪魔みたいな姿の殺人鬼、人間の姿をした鎌。
大事なのは姿・形ではない、『魂』だ。

魔女との戦いで命を落とす鎌職人も多い……はずなのに、ソウルが気に入られたからなのか、魔女ブレアが意外と優しい?
K.O.はされるけど、毎日挑める程に手加減してくれている?

いやー、マカ可愛い。この一言に全て集約します。

ブレアさん⁉ビックリ( ; ゜Д゜)
あと、マカパパ面白い(笑)

ブラック☆スターは暗器職人。
目立ちたがりの暗殺者。相方は椿。
椿は「疑心暗鬼」とダジャレに走ったから好きです!

用心棒のミフネさんが格好よすぎるのですが……

ブラック☆スター、本気出せば強いのに普段があれすぎて(笑)ギャップ萌え?
椿さんはあくまで気配消せてないことに対しての怒りや呆れで、覗くことは咎めないスタイルなのね?w

デス・ザ・キッドは死神様の息子。
名前結構そのままだ(笑)
完璧な才能の持ち主。
完璧主義者が故の病的な神経質。
その神経質さはもはや弱点だろ(笑)
「鬱だ、死のう」がある種の代名詞みたいになってるし(笑)

マカ、ソウル、ブラック☆スターが揃って補習授業。失敗すれば退学と死神様からの直々のミッション。

KILLコーンカーンコーンは個人的に結構好きなセンスでした。


コミック

ソウルイーター (1)

ソウルイーター (1)

電子書籍