神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

タッチ 文庫版 第12巻

タッチ (12) (小学館文庫)

・タイトル

タッチ 文庫版 第12巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 80点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・実績と自信
・ここにはいないよ
・だれと戦えば
・それでいこう
・新田じゃねぇな
・タッちゃんじゃねぇ
・かかったか

・感想
実績と自信、前巻からの伏線回収。
記録は結果に過ぎず、こだわるものではない。
だからこそ上杉達也にとっては、狙ってノーヒットノーランを達成することに意味がある。
これは結構深いと思いました。

そして、カッちゃんの命日。
お墓に和也の魂はない。
和也はマウンドに、達也の投げるマウンドに現れる……というのもなかなか味わい深いというかなんというか。

原田が言う「何でもかんでも死んだ人間のせいにされたらたまらない」というのも深いですよね、汗の意味がなくなるか……確かに。

待ち望んだ「上杉和也」との対戦がようやく叶う新田。
戦うべき相手がいるというのは素晴らしい。
だけど、上杉達也はこの先、誰と戦えばいい?
これも深いテーマですね……

味方のエラーも絡んでまともな当たりなしでの無死満塁のピンチでバッターは新田。
最小失点ではなく、エラーした仲間の為に無失点に抑えるのが上杉和也……か、孝太郎が言うなら間違いない。

須見工戦のせいなのか決勝だからかタッちゃんの様子がおかしい。
あれはタッちゃんじゃねぇ、ましてやカッちゃんでもねぇ……じゃあ、誰だ?

タッちゃんが本調子でなければ新田もやる気が出ない……と。なるほどね。

柏葉監督とタッちゃんってなんというか……相性いいよね、お互いの発破の掛け方が上手い。
立場が少し似てたせいかな?


コミック

タッチ (12) (小学館文庫)

タッチ (12) (小学館文庫)

電子書籍
タッチ 完全復刻版(21) (少年サンデーコミックス)

タッチ 完全復刻版(21) (少年サンデーコミックス)

タッチ 完全復刻版(22) (少年サンデーコミックス)

タッチ 完全復刻版(22) (少年サンデーコミックス)