神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

ぼくらのへんたい 第7巻

ぼくらのへんたい 7 (リュウコミックス)

・タイトル

ぼくらのへんたい 第7巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・二人の告白
・灰色の男
・めがね
・それから

・感想
まあ、分かってたけど、状況を打破しただけで心の傷は消えてないし、りょーちんはまだ完全に救われたわけではない。
でもそこからは結局自分次第ってことですよね、自分の心との戦い。

昔の自分ならりょーちんのお父さんに嫌悪感を抱いたかもしれない。
でも今はお父さん側の事情も分からないのに責める気もない。

タムリンの性格がダムリん 。
駄目と無理を掛け合わせてマイルドにした造語です。今作りました。
救ってあげなきゃいけないけど、彼自身もあえて人間関係クラッシャーの道走ってるから今はちょっと無理。
いい子ちゃん過ぎるあかねちゃんとの対比は完璧💮

修は支配からの卒業を果たし、りょーちんは向き合えずにいる。
そしてこの漫画の世界の先生めっちゃええ人や😢

まりかは今のまりかは完全に女の子だから浮気になっちまうぜ、りょーちん?いや、片想いだけどさ、はっち可哀想やん?やめとけ?

トモちとタムリンの組み合わせは一色触発⁉

ともちんちはあたしンちのパロディかな?


コミック

ぼくらのへんたい 7 (リュウコミックス)

ぼくらのへんたい 7 (リュウコミックス)

電子書籍
ぼくらのへんたい(7) (RYU COMICS)

ぼくらのへんたい(7) (RYU COMICS)