神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

このゆびとまれ 第1巻

このゆびとまれ(1) (ニチブンコミックス)

・タイトル

このゆびとまれ 第1巻

・著者情報
大澄剛(おおすみ つよし)
代表作
家族ランドマーク
このゆびとまれ
わらいだね
さんばちのおと

23歳の時にデビュー。
子供達を表情豊かに描くことに定評のある漫画家。

・点数 96点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆

・本の概要
・少女のデッカイ夢☆
・なりきるココロ
・VSグラドル
・好感度アップ法
・ワンダーランド
・火付け役
・アウトオブ眼中
・田代の期待
・いただきます!
・九九言える?
・田代の出番
藤江家の朝
・癒しのセット
・苦手な共演者
・スターの共通項
・クランクアップ
・コレクション!
・ブーン!
・ナゾナゾ
・デキる男

・感想
人気天才子役。しかし……(察し)

見ただけで名前と年齢とタレントとしての能力が分かるとか神業じゃないか!!

何だろう……某タレントを彷彿とさせる嫌みと小言が鼻に付くベテラン女優がチョロすぎて案外嫌いじゃない。

そして、油断できない中堅?37歳のシリアスからコメディ、番組司会までこなす個性派俳優は雰囲気がどことなくあの人に似ている気がします。

そういえば一発芸としてはイマイチなネタが人気タレントが真似したことで瞬間的にブレイクすることって実際あると思うんですけど、その時って火付け役は別に特に恩恵ないんですよね、うん、言いたいことは分かった。

恵那ちゃん、美蘭ちゃんは元ネタ何となく分かるけど、指揮くんはどうなんだろう?微妙だな。ちょっと子供の頃のあの人に近しいものは感じる。
それにしてもこの子役3人衆スゲェ、完璧プロだ。

性格は置いといて、恵那ちゃんはしっかりしてるけど、逆にマネージャーの田代さんがヤバい。子役のマネージャーの器ではない気がします。

クッキンアイドルは違う子だろうがァァ!!
おっと失礼、つい取り乱してしまいましたm(__)m

これ完璧にパロディだけど大丈夫なの?

九九の語呂合わせ回意外と好きでした。
最後の「ククッ」「…はい」のセンスね、めっちゃ好きです。

やっぱダメだわ、あのマネージャー。
道具奪ってまで前出ちゃダメでしょ(笑)
松田さんは見抜いた上で煽った可能性あるからやっぱり不気味な存在だなー。

まあ、マネージャーである田代さんや実の父親がこういう感じだから恵那ちゃんがしっかりしているけど、大人を見下す性格になったんだなぁ~と。

恵那ちゃんいや、恵那さんのプロ意識ほんと尊敬。
あしたのジョーのパロディっぽくなるほどに真っ白に燃え尽きる覚悟でやったんだなぁ~と思うと尊敬しかない。

これは明らかに意図的に狙ったモデルのハッキリした女性芸人コンビが登場!
いやこれほんと怒られないのかな?

苦手な共演者に対するささやかなる復讐?が子供じみてて可愛い。いや、子供なんだけどねw

あ、表なんて所詮裏の一部と裏の中に表隠すね、なるほどね!

お笑い四天王の一角、落語回の異端児……一瞬別の方想像したけどそっちだったー!
変化球待ちしててど真ん中のストレート見逃した時の気分です(笑)

タレントの実力が90以上だとコンパクトが出るのねw(恵那さんの脳内で)
ひみつのアッコちゃん×妖怪ウォッチのコラボみたいな(笑)
友達GET!みたいな?

一段ずつ下げた。
なるほどね、そういう方向には頭働くんだね、田代さん。ええ、皮肉です。

美蘭ちゃんが子供っぽくて負けず嫌いで可愛い。
あの子、根は悪い子ではないんだろうな、多分。


コミック

このゆびとまれ(1) (ニチブンコミックス)

このゆびとまれ(1) (ニチブンコミックス)

電子書籍
このゆびとまれ 1

このゆびとまれ 1