神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

RIN

RIN

・タイトル

RIN

・著者情報

新井英樹(あらい ひでき)

生年月日 1963年9月15日
出身地 神奈川県
明治大学卒業

漫画家を目指すために文具会社を退職し、作品の投稿を始める。
ちばてつや賞入選などを経て、1989年に『8月の光』がアフタヌーン四季賞夏のコンテストにおいて四季大賞を受賞しデビュー。
デビュー当初は非常にソフトで柔らかいタッチだったが、後に反社会的な表現を多用する現在の特徴的な作風になった。

第38回(1992年) 小学館漫画賞青年一般部門受賞『宮本から君へ』


ゼロ成長論を提言した経済学者の下村治の「経済成長よりも完全雇用がそれに先立つ」という考え方を素晴らしいと思ったと語っている。


・本の概要
「天才」とは、猛々しくも儚いもの。
「才能」とは、長い修練を経て尚、一瞬で壊れるもの。
そして「拳闘」とは互いの肉を喰らい合うもの。

・点数 92点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆☆


・感想
前作『シュガー』から2年8ヶ月後からのスタートです。
天才・石川凛は挫折を乗り越え、いよいよ世界戦へ挑みます。
が……とてつもなく嫌われている天然ヒールっぷり。

更に世界戦直後の生放送のテレビ番組で世界ライトフライ級チャンピオンの立石譲司を殴り、失神させてしまいます。

そんな2人の闘いと立石のバックボーン。
そして凛と千代の関係性に重きを置いた完結編となる作品です。

これぞ青年コミック…と思えるグロシーンがあります。悲惨というか凄惨というか残酷というか壮絶なバックボーンの立石さんでした。
なので、彼が凛に負けたくない理由は凛個人に対する思いだけではない、複雑で根深いものでした。
凛vs立石戦はいろんな意味で見所でした。

天才の孤独を見事に表現した最終巻は圧巻でした。

作風の捉え方と理解。解釈の仕方次第でこの作品の評価は大きく変わると思います。

最低なのか最高なのか……まさに『RIN』と銘打つだけあって石川凛という主人公と共に心中するような、彼の心を理解する天才か、愚かでいて美しくもあるあの天才に惹かれる凡人の為の漫画だと思いました。

天才の孤独さ、天才の前で崩れ去る努力、何としてでも勝ちたいという渇望、全てを棄ててでもやりきる決死の覚悟。
基本的には男の世界ですよね、しかも限られた一部の。

ピンポイントのターゲット層に刺さる尖った作品ですが、前作のシュガーが好きだった方は是非読んでみて下さい。