神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

オキテネムル 第7巻

オキテネムル(7) (アクションコミックス)

タイトル

オキテネムル 第7巻

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 88点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・本の概要
・被害甚ダイ逼迫状タイ
・カナタノ覚悟
・セツノ選択
・アスト会ウ
・最悪ノ再会
・共感力ガ強力
・二人トモ負傷
・破ラレタ約束

・感想
ガイチューの人達ってプロなのに意外と徹しきれてないからそこが付け入る隙なんだろうなぁ~

夢の中ではなく、現実としてアスと対峙したカナタ。
内容は置いといて、カナタの画が若干不安定な気もします。

物語は終盤に向けて着々と進んでいる……
ってことですね、確かカナタはオキテネムルとしては覚醒しておらず、オキテネムルの覚醒には哀しみや怒り、追い込まれた時に発動する特性でしたよね?
幼馴染みが狙われたのも元々覚醒させる為の試練だったはずですし。

ということは、仲間の死と尚も続く絶対絶命のピンチは覚醒の為の適した環境とも言えますよね……オキテネムル同士の人智を越えた戦い始まる?


コミック

オキテネムル(7) (アクションコミックス)

オキテネムル(7) (アクションコミックス)

電子書籍
オキテネムル : 7 (アクションコミックス)

オキテネムル : 7 (アクションコミックス)