神黎の図書館

主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。月間で読む漫画は150冊~200冊。小説や映像作品についてもちょこちょこと。

咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A コミック 全6巻完結セット (ガンガンコミックス)

・タイトル

咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A

・本の概要

咲-saki-本編に繋がるサイドストーリー。
原村和の幼馴染みで友人の女の子達がのどかともう1度遊ぶ(麻雀をする)ために再び集まり、麻雀部を作って全国大会へ向かって突っ走るストーリーです。
まあ…一言で言えば、可愛い女の子達による能力麻雀です。

・著者情報

小林立(こばやしりつ)

出身地 東京都目黒区駒場(江島区越中島育ち)
職業 漫画家・イラストレータ
代表作
咲-Saki-

五十嵐あぐり(いがらしあぐり)

生年月日 1975年4月12日
血液型 O型

職業 漫画家、イラストレータ
活動期間 1995年 -
ジャンル 少年漫画・青年漫画
代表作
BAMBOO BLADE

受賞歴
エニックス21世紀マンガ大賞入選(1995年)

・点数 100点

ストーリー☆☆☆☆☆
画力☆☆☆☆☆
キャラクター☆☆☆☆☆
設定☆☆☆☆☆
没入感☆☆☆☆☆

・感想
まず始めに、この作品はスピンオフ作品であってスピンオフではない独立した作品って感じです。
本編の裏側というか、清澄とは異なるブロック、関西地区にフォーカスを当てた作品です。
本編でぶつかる運命、いずれはXする別角度の物語という意味では、「とあるシリーズ」みたいなイメージの関係性に近いと思います。

ストーリーについてですが、麻雀のルールを把握してなくても楽しめる本編と比べても特に支障のない分かりやすいストーリー構成でした。
本編のメインキャラクターである「原村和」と縁のあるキャラクターが、本編開始前の天才少女と騒がれていた和の活躍を見て、「また和とおもいっきり遊びたい!」という純真無垢な想いから麻雀部の立ち上げから全国の舞台へ上がる為の武者修行を経て突き進む!というのが大筋です。
基本的な軸のブレなさと、主人公の隠乃ちゃんのポジティブさに元気が貰える作品でもあります。
個人的には本編より阿知賀のほうがストーリーは好きです。
あくまでも「個人的には」です。本来はどっちが上とかないと思うので。

咲-saki-シリーズ独特の世界観でもある事実上の能力麻雀の演出は健在で、絵柄の可愛さと相まって終始テンション上がるというか、好きです。
麻雀知らなくても楽しめる要因となっているので、絵柄が嫌いでなければ読んでみてもらいたい作品です。
麻雀入門(こういう麻雀目指したいの目安)にも使えると思います。
この評価は咲-saki-シリーズ全体に言えるので、阿知賀編が特別優れているという訳ではないですが、純粋に五十嵐あぐりさんの画は読みやすくて作品に合ってると感じたので、最高評価にしました。

ゲームがキャラゲーと化してるほどにキャラクターの魅力が大きいと思います。
これもシリーズ共通項ですが、得意なあがりはこう、この役を呼び込みやすいを越えた超能力の存在が確認された最初の咲-saki-シリーズだと思いますし、主人公チームのバックボーンをしっかり描き、チーム結成までに時間をたっぷり割いて感情移入させた上で更に魅力的なライバルキャラ多数なのが凄い。
阿知賀編から更に派生したライバルの過去編のスピンオフがある程にキャラクターの人気も熾烈な争いをしてたイメージがあります。
怜-Toki- 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

また、和に対応するように作られた阿知賀編の主人公達ですが、本編では最強で最恐の敵となる咲の姉である宮永照がライバルキャラとして登場し、本編とは異なるキャラクター性を見せます。
こういう新規もしくは阿知賀編のみのファンも従来のファンもどちらも楽しませる演出が随所に含まれていて、そこに無理矢理感も全くないので、気遣いとこだわりを感じました。
僕が勝手に言ってるだけなので、見当違いの可能性もありますが。

作品に感情移入したシンクロ率的なものは過去最高クラスの作品であり、そこら辺はネタバレになるので割愛します。
1度読んだことある方は単巻レビューで赤裸々に感想書いてる僕の記事も面白いかも?分からないですが(笑)
とりあえず、推しと推しがぶつかって(僕が勝手に)泣いてるところは客観的に見て、愉快な書評してるなぁ~とは思いました。


以下、商品リンクを挟んで、内容に触れた個人的な感想コーナーですが、正直今回はネタバレにならない範囲で既に結構内容に触れてる気がするので、僕の推しキャラが分かる程度の軽いネタバレ込みにします。
こういう能力あるよ~の目安も兼ねて。
嫌な方は見ないように!今回、こういう形ですみません😣💦



ストーリーに対する不満は特にありませんが、めちゃくちゃ頑張った推しキャラが敗退したので本気で悲しかったのが率直な感想です。
本編の全国大会編にいない時点で分かってはいたのですが、分かってても応援するし、辛いものというのが身に染みて分かりました。

ですが、代わりにここまで感情移入させてくれた感謝も込めた熱中度満点の評価と、絵柄が好み+能力の発想力と展開力などを素晴らしく感じたので他の項目が満点だらけということになりました。
あくまでも個人的な評価ですが。

さて、能力について細かく紹介するとキリがないので、詳しくは単巻レビューを見て頂くと幸いです。

僕の推しキャラで言いますと、1巡先の未来が読めたり、自然とドラが集まったり(裏ドラも)ですね!もちろん、それぞれデメリットもあります。
二人一対でコンボとなる能力は普通に面白かったです。

スピンオフものなので、本編のキャラがちらほら客演するのも1つの魅力ですね!
清澄と全力で戦って親睦を深めたあの子達が阿知賀の修行相手になってくれたり……胸熱です!胸と言えば、本編での僕のお気に入りのステルスモモちゃんも出るんですよ!!

本編では(咲のせいで)恐怖のイメージが強い宮永照ですが、阿知賀で見る限り結構可愛いような……

などなど、キャラクターをより知れるという意味でも、『咲-saki-』が好きなら読んでも損はない作品だと思います。

また、表紙等を見て絵柄は好みだけど、麻雀分からない……という方もいると思います。
さすがに絶対大丈夫!とは言いきれませんが、作中の説明が結構丁寧なので分かりやすいほうだと思います。

本編を読まずに阿知賀だけ読むのはありか?についてですが……
個人的には有りだと思います。
本編に繋がる話ではありますが、単品でも成り立ってるので阿知賀から入っても大丈夫だと思います。
ただし、咲-saki-を順序だてて読みたい人でネタバレを異様に嫌う人は先に本編を読んだ方がいいと思います。

というわけで、いつも以上に個人的な意見全開になりましたが、咲-saki-阿知賀は僕の大好きな作品なので、この記事を読んで興味を持った方がいれば好みの媒体で見て頂けると幸いです。
※今回のレビューは漫画についてのみです。

最後に
誤解のないように一応触れておきますが、阿知賀編のメインテーマは主人公の女の子(隠乃)が幼馴染み(和)と遊ぶ目的で麻雀をし、全国大会を目指していますが、本編の主人公(咲)も強さを求めて…ではなく、姉(照)と向き合う為、振り向いてもらう為に麻雀部で全国大会を目指しています。
阿知賀のほうが好みと言ったのは純粋に好きなキャラクターがこちらに固まってるのが主な理由です。
本編あっての阿知賀編なので、そこは誤解してほしくないです。


コミック

電子書籍(まとめ買い対応)

アニメ版
DVD

Blu-ray

実写版
ドラマ
DVD

Blu-ray

劇場版
DVD

Blu-ray

関連商品

[asin:B09MK3HR26:detail]

関連商品2(咲-saki-シリーズのドラマCDや実写版のサントラ)

咲-Saki- ドラマCD

咲-Saki- ドラマCD

Amazon

おまけ