神黎の図書館

漫画・小説・映画・アニメ・ドラマを主観によるグラフ+点数+批評+感想を綴り、作品の評価をあらゆる形で視覚化したブログです。有名な作品から掘り出し物的な作品まで生涯の内になるべく多くの作品に触れて伝えていけたら本望です。

荒川アンダー ザ ブリッジ 第9巻

荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)

・タイトル

荒川アンダー ザ ブリッジ 第9巻

・本の概要

・愛の行方

・点数 60点

ストーリー☆☆☆
画力☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆
熱中度☆☆

・感想
それぞれの愛の行方が思わぬ方向に動き出し、予想外の展開へと動き出す。
そんな感じの内容です。

アマゾネスや島崎さんの恋の行方云々もありますが、珍しくリク(行)の活躍回というか、リク(行)のハートフルな一面が見られるのがこの巻最大の見所だと思います。

変な方向に脱線してると見せかけて地味にストーリー進める伏線張ってるのはなかなかの技術だと思います。

ようやく自分の感性を作品にアジャストできた気がします。


コミック

電子書籍

関連商品


検索で引っ掛かったおまけ