神黎の図書館

月間50~100冊程の漫画+αを読み、主観によるグラフ+点数+感想を綴る読書感想文風書評ブログです。

BAMBOO BLADE 第1巻

BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)

・タイトル

BAMBOO BLADE 第1巻

・本の概要
・見抜かれた才能
・張り切るダメ教師
・新入部員
・折れた刀
・正義の味方
・親睦会とお弁当

・著者情報
土塚理弘(とつかまさひろ)
生年月日 1979年生まれ(誕生日は非公開?)
血液型 B型
出身地 長野県(千葉在住)

職業 漫画家、漫画原作者
活動期間 1999年 -
ジャンル ギャグ漫画、少年漫画
代表作
マテリアル・パズル
BAMBOO BLADE』(原作)

受賞歴
第8回エニックス21世紀漫画大賞準大賞
第51回赤塚賞佳作

1998年、19歳のときエニックス(現スクウェア・エニックス)にギャグ漫画『ねこパンチ』を持ち込み、そのときの担当のアドバイスを元に執筆した『清村くんと杉小路くん』で、第8回エニックス21世紀マンガ大賞の準大賞を受賞。
月刊少年ギャグ王』1999年2月号に同作品を掲載し、デビュー。

受賞後すぐに連載の仕事は決定するも、連載開始まで1年程期間があると聞き、その間に『清村くんと杉小路くん』のネーム50話分と、ストーリー漫画『グリーンライン』(未発表作品)のネーム約1000ページ分を描き溜める。
また、この時期に第51回赤塚賞でも『ほほえみのある城』(『月刊少年ジャンプ』2000年4月号掲載)という作品で佳作を受賞しており、数年後に『週刊少年ジャンプ』やその増刊に読切を何作か執筆する。

影響を受けた漫画家は鳥山明冨樫義博あだち充荒木飛呂彦浦沢直樹

ネタ帳は一切作らず、アイデアは頭の中で泳がせる手法をとっている。

漫画を描くペースが速いのも特徴。

得意なジャンルは「学園コメディ」。

自作品同士のクロスオーバーを多数行っており、ほとんどの作品で別の作品のキャラクターやキーワードが登場する。



五十嵐あぐり(いがらし あぐり)
生年月日 1975年4月12日
血液型 O型

職業 漫画家、イラストレータ
活動期間 1995年 -
ジャンル 少年漫画・青年漫画
代表作
BAMBOO BLADE

受賞歴
エニックス21世紀マンガ大賞入選(1995年)

デビュー時及びデビュー前、『ドラゴンマガジン』(富士見書房)の巻末投稿コーナーの常連だった。
その時のペンネームは曾我晃生(そがあきお)で、デビュー後の一時期は曾我あきおペンネームを使用していた。
自画像キャラクターはタヌキ。

影響を受けた漫画家は鳥山明

BAMBOO BLADE』初期までは口や瞳を大きく描くなど、少女漫画風な絵柄が特徴だった。
その後、『BAMBOO BLADE』連載が進むにつれ、現代的な萌え絵風な絵柄に変化していった。

主な作品
連載 (作画担当)
BAMBOO BLADE
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A
シノハユ the dawn of age

読み切り
ナミダと夕日と遠くない日(STAR DRIVER 輝きのタクト アンソロジー)

イラスト
真田十勇士
STAR DRIVER 輝きのタクト アンソロジー
STAR DRIVER 輝きのタクト 第5話エンドカード(TOKYO MX放送版)

・点数 68点

ストーリー☆☆
画力☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆

・感想
著者情報まとめてたら「なるほど」って納得するぐらいまさに!って感じでした。

読者目線で言えば主人公は2人。
ダメ教師のコジロー先生と最強の女剣士タマちゃん。
タマちゃん可愛い。小動物のようなタマちゃんを眺めてるだけで比較的満足な作品です。(1巻時点では)

高校教師にして、剣道部の顧問としてダメダメで自分のことしか考えてない(1巻時点で)コジロー先生は、同じく(他校の)教師で顧問の高校の先輩とある約束をします。
両教師共に自分の願望の為に生徒を利用するって結構グレーですよね、自分達の代わりに教え子が戦って、勝ったほうが予め決められたあるものを手にするなんて賭け事みたいなもんだし。
なんて野暮な事は気にしません。
タマちゃんが可愛いから結果としてタマちゃんが剣道部に入るきっかけになったのなら経緯は気にしない!
これはマンガなのでね!!

具体的な経緯についてはあえて触れませんが、個人的にはユージくんとダンくんもお気に入りなので男子をないがしろにするコジロー先生はやっぱりグレーなんですけど、タマちゃんが可愛いから許しましょう!
タマちゃんは正義。

はい、そうなんですね、幼い頃に見た特撮ヒーローに憧れて、ヒーローに対する憧れが強いタマちゃんはある意味騙されて(結果的に不良部員を利用して)剣道部に入るんですね、タマちゃん可愛い。

タマちゃん可愛いしか言ってませんが、ほんとに可愛い。

アニメ見てた人は最初ビックリすると思うんですが、最初のダンくんは等身高くてちょっと気持ち悪いんですよねw
身長がだんだん縮むって新しい。
公式プロフィール的には臨機応変
ダンくんは身長を自在に変えれるのか!只者ではないな!?

まあ、何はともあれタマちゃんが可愛い。強いとか云々の前に可愛い。

1巻時点において登場したキャラクターの立ち位置がそれぞれしっかりと確立されていて、読みやすいです。
1巻が内容的に面白いかどうかはノーコメントです。
ノーコメントの意味はご自由に捉えて下さい。


コミック

BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)

BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)

  • 作者:土塚 理弘
  • 発売日: 2005/09/24
  • メディア: コミック
電子書籍コミックセット