神黎の図書館

(将来的には)図書館モチーフのブログにしたいという意思を込めてこの名前にしました。

ジョジョの奇妙な冒険 第2巻

ジョジョの奇妙な冒険 2 (ジャンプコミックス)

・タイトル

ジョジョの奇妙な冒険 第2巻

・本の概要
・石仮面の能力
・追い詰められたディオ
・人間をやめたディオ
ジョジョの底力
・燃え盛るジョースター

・著者情報
こちらを参照に。
gamemachine-alternativeshinku.hatenadiary.jp

・点数 84点

ストーリー☆☆☆☆
画力☆☆☆☆
オリジナリティ☆☆☆☆
テンポ☆☆☆☆☆
熱中度☆☆☆☆

・感想
ディオファン必見!って言えるぐらいずっとディオが騒いでます(笑)
そんな彼が好きなんですけどね!

ジョジョの研究を利用してジョジョを始末しようと画策していたところ、思わぬ収穫を得たディオ。

なんやかんやでジョジョに追い詰められたディオは仮面の能力を使います。
ここで現れるのがあの名言ですね!

仮面の能力で人間をやめたディオは暴れまくります。
おそらく、ジョースター家の血で覚醒したので気分がハイなのでしょう。(憶測です)

この辺りから謎の言葉を喋りだします。
「URYYY」とか。
ジョジョのことは「JOJO」呼びになります。
ここら辺も気分がハイなせいでしょう!

屋敷は燃え始めますが、尚も暴れ回るディオ。
普通の炎ぐらいではディオを倒せないと踏んだジョジョは屋敷を登ってディオと対峙します。

良くて相討ちのジョジョと助かる可能性があるディオ。
ディオは強気でジョジョの目論見に付き合って自分だけが生き残る算段でした。
しかし、ジョジョは持ち前の爆発力でディオを追い詰めることに成功し、見事に生還を果たします。

ディオを中に残したまま燃えるジョースター邸をバックに堂々の完結…これがジョジョの奇妙な冒険の序章は幕を下ろします。

さて、ストーリー部分については流れの意味では完全なネタバレになっています。
が、要所は書いていませんし、悲しい部分やちょっとグロい部分にも触れていません。
というかジョジョとディオ以外には一切触れていません。
行間が気になる方は是非是非読んでみて下さいませ。

コミック

ジョジョの奇妙な冒険 2 (ジャンプコミックス)

ジョジョの奇妙な冒険 2 (ジャンプコミックス)

電子書籍 カラー版